トップページ
天沼八幡神社について
祭事・年中行事
例大祭
お祭り
交通案内
御祈祷申込

サイトでの申込みは1週間前までとします。 それを過ぎましたら、社務所へ直接電話をして下さい。

天沼八幡神社  浴衣のご案内
厄年
杉並・荻窪の「地元の八幡様」天沼八幡神社

お知らせ

過去のお知らせ

天沼八幡神社 浴衣のご案内

 平成28年5月吉日

平素より、天沼八幡神社にご崇敬のお志と、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、本年も例大祭は8月25日(木)、26日(金)に斎行されます。
宮神輿と同時に新調しました袢纏も大変好評で、誠に喜ばしいことと存じます。
此度、かねてより要望がございました神社の浴衣を誂えることとなりました。
神社名入りの浴衣を作るのは約三十年ぶりで、平成の御世では初めてのことです。
各商店会のお幸所で接待をなさる方、さまざまに例大祭に関わる方、また氏子及び
崇敬者の皆さまにも、是非、神社の浴衣をお召し頂きたく広くご案内申し上げます。
ご希望の方は申込書にご記入のうえ金額を添えてお申し込みください。
申込書は、下記の画像をクリックすると印刷用PDFが開きます。   

氏子でもあるデザイナーさんに当社のご由緒等を説明し、約30年振りに新調することになりました。
桃園川の源流でもあるこの天沼の地は、ご祭神をはじめ大変水にご縁があるので「川の流れ」をイメージしたデザインと、境内に高くそびえるクロマツを「吉祥文様柄」で表現して下さいました。
また、色調に関しては「袢纏」と同じ濃紺と致しております。
広く、氏子崇敬者の方々にお召頂きたく思っておりますが、基本的には6月末に反物渡しとなります。
お仕立てに関してはお知り合いにご相談頂くか神社まで問い合わせください。

※仕立ては受付数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

第2回 天沼八幡神社皇居勤労奉仕

平成28年4月11日(月)

4月4日(月)から7日(木)の4日間、神社で「第2回皇居勤労奉仕団」を結成して2年振りに皇居へ行って参りました。 総勢30名の総代/氏子/崇敬者の皆様と共に皇居へ3日間、赤坂御用地へ1日間で清掃や草刈りなどのご奉仕活動を行いました。皇居では天皇陛下・皇后陛下、赤坂では皇太子殿下のご会釈を賜り大変貴重な時間を過ごさせて頂きました。我が国は天皇を頂く国家であること、我々はその日本の国民であることを感謝し且つ誇りに思える体験ができたと思っております。

天沼八幡神社

「団旗」をお作り下さった宮内ご夫婦です。
ご参加有難うございました。

春の境内の様子

平成28年4月1日(金)

大鳥神社そばでは寒緋桃が、鳥居前では源平枝垂れ桃が満開となりました。

大鳥神社の遷座奉告祭を執行しました

平成28年3月22日(火)

この度境内社 大鳥神社の遷座奉告祭を執行しました。 11月の「酉の日」に熊手を授与する神社ですが、杉並区内でも 数少なく、当日は多くのご参拝者が来訪されます。 旧社殿(朱色)は、旧本殿の内陣にあったものを昭和52年に大鳥神社と して境内に設置しました。それから30年以上、、。 風雪でかなり陳腐化が進み、この度改築の話となりました。
総檜造り、銅板屋根、総重量500kg以上です。

節分の様子

平成28年2月3日(水)

節分追儺式はお陰様で天候に恵まれまして、神事及び豆撒きを無事に終えました。 今年の参加者は過去最高の34名となり、豆撒きの2回も恒例化してきました。 その上「撒きもの」のご奉納も多く、福豆を多くの拾い手の皆様に授けれました。

節分1
節分2
節分3
節分4
節分5
節分6
節分7

平成28年の酉の市 

11月11日(金)・23日(祝)

一の酉・・・11月11日(金)  地元有志による奉納舞踊  18時頃〜
二の酉・・・11月23日(祝)  奉納 里神楽 萩原正義社中      16時頃〜

例大祭のアルバムを掲載しました


平成27年8月26日に、例大祭が無事終了いたしました。



宮司挨拶

本日はようこそ天沼八幡神社の公式ホームページへお越し下さいました。

当社は創建四百数十年(戦国時代の末期、天正年間に勧請されたとされています)の神社で、天沼村の鎮守として時代と共に変遷してきました。青梅街道沿いにあり、甲武鉄道(現JR中央線)の荻窪駅開業、関東大震災、大東亜戦争 など大きな歴史を経て、この平成の世まで「地元の八幡様」として地域の安寧と発展を 祈り守護し続けてまいりました。

天沼八幡神社

平成二十二年に屋根を修復された

天沼八幡神社御社殿

 神社の神事は、日本人のくらしの歳時記と密接に関わってきました。四季折々の行事は 永きにわたり「神ながらのみち」を受け継いでおります。

日本の総氏神様であられる三重県の神宮(伊勢神宮)を本宗と仰ぎ、八幡神社(或いは、 それぞれのお住まいの鎮守の神様)を氏神様と崇め「生かされていることに感謝する」 祈りの場としてご参拝ください。

神職が常に心掛けている「敬神生活の綱領」を示します(ご参考までに・・)

神の恵みと祖先の恩とに感謝し明き清き誠をもって祭祀にいそしむこと

世のため人のために奉仕し神のみこともちとして世をつくりかためなすこと

大御心をいただきてむつび和らぎ国の隆昌と世界の共存共栄とをいのること

皆様が当社にご興味を持たれましたご縁に感謝致しますとともに、神道を身近なものと感じて、気持よくご参拝下さりますことを祈念いたします。

天沼八幡神社
宮司 鶴岡隆志
ページの上へ戻る